口コミによる情報収集のすごさや信憑性とは

・国家さえも打倒する「口コミ」

口コミとは、人から人への会話による情報伝達の手段です。安いお店を見つけたとか、何時からどこで特売をやっているといった狭い地域での情報を伝える方法でもあります。

ですが、口コミは、インターネットや携帯・スマートフォンの普及によって、世代や場所を超えた影響力を持つようになってきました。

チュニジアで始まり、リビアのクーデターまで引き起こした「アラブの春」も広い意味では口コミで広まったムーブメントと言えます。

・信憑性はそれぞれ

そんな口コミですが、伝え方によっては信憑性が低いものになります。「伝言ゲーム」的に伝わっていく口コミなどがそうです。伝わっていく間に情報が歪んで伝わりやすいのが特徴です。また、意図的に歪められる可能性も捨て切れません。

・多くの情報を総合するのが大事

口コミ情報の信用性を高めるには「裏を取る」ことが大事です。その口コミの根拠は何かを自分なりに調べて納得することが大事です。インターネット上で情報を調べる場合には、「キュレーション」という、自分に変わって情報をまとめてくれるサイトが役に立ちます。

個人の情報収集能力はスマートフォンの登場で、とても高くなっています。企業の情報だと自社に都合よくなって公平性が保てないのも、個人の口コミが重宝される理由になっています。


このページの先頭へ